ヨガは”メンテナンス・治療”

クラスでは、健康的な身体づくりと題して、【怪我をせずに、仕事・スポーツ・家庭など様々な場面でパフォーマンスUPする為のメンテナンス・治療】としてヨガを指導しています。

クラスに来られた生徒様のほとんどは、「想像していたヨガと違う」と言われます(笑)

では、その理由は何でしょうか??

「ヨガ=ストレッチ、柔らかくなれる」 

このような”イメージのみ”を持っているからではないでしょうか。実際に、ヨガというと「私は硬いから出来るかな~」と言われる方が多いです。

ヨガは柔軟性を高めてくれます。しかし、それだけではありません。また、柔軟性が高いから健康的な身体かというと、そうでもありません。柔らかすぎて怪我をする方も多いです。私もその一人でした。

クラスで伝えている事は、「自分の身体を知り、向き合う」という事です。

ヨガは、メンテナンス・治療の1つだと思います

クラス前に、生徒様の状態をお聞きします。特にこれという症状がない方や「肩こりがある」「腰が悪い」「膝が悪い」などの症状がある方など様々です。

表に出ている痛い症状だけに意識がいきがちだったり、逆に痛みがないことで身体のアンバランスを放置されていたりします。股関節に歪みがある・身体の左右差が大きい・痛めている身体の反対側の筋肉が硬い・呼吸が浅くて疲れやすい等、向き合わないと気づかない部分が多いです。

皆様にお伝えしている事は、”ご自身が気づいていない身体の状態を知ってほしい”という事です。

ヨガを行う事で、左右の筋力差・柔軟差をバランス良く整えると同時に、自律神経のバランスを整える等、目で見えない部分も含め改善をしていきます。

柔らかくなりたいからヨガをする。ではなく、「仕事・スポーツ・家庭等のパフォーマンスUPする為のメンテナンス・治療としてヨガをする」これが私が大切にしている事であり、生徒様に伝えている事です。

そして、ヨガへのイメージ以外に「想像していたヨガと違う」と思われる、もう1つは【柔軟性と筋力のバランス】に関してではないでしょうか。

ヨガは、ポーズをキープする時に身体を支える筋力を使います。

ポーズを通して身体の状態を見ながら、「この動作の時に、どこの筋肉を使うのか」「動かしにくいと感じる原因は、どこの筋肉がどんな状態なのか」「どこの筋力を上げて、どこの柔軟性をあげると良いか」など説明をしていきます。

何も考えず動いていくと、自然と癖が出てしまい、癖により左右差等がでてしまいます。ご自身の身体を知り、向き合い動かす事が大切です。

その為クラスでは、生徒様に合わせて必要な筋力・柔軟性をつける為の動きを行っていきます。言い方を変えると、苦手な動きだと感じるかもしれません。

生徒様が、ご自身の身体と向き合い理解を深めながら動いていく事によって、身体ケアへの意識が高まります。

例えば、私生活で「姿勢に気をつけるようになった」「呼吸の浅さに気づけるようになった」や、その他「電球変えが軽々できるようになった」「片足立ちで靴下が履けるようになった」などの身体の変化など。

ほとんどの生徒様が、「”気がつけば”ご自身の身体への意識が上がっている」と感じられています。

【無意識に身体への意識が上がり、ご自身の変化に気づけるようになり、楽しみながら毎日身体ケアをする】そんな状態に導けるように、クラスをしております。

定期的に通われている生徒様は、「ヨガ=メンテナンス・治療」という意味を体感されているかと思います。それが理由か、新しい生徒様が来られた際にクラスについて熱弁して下さる方も多いです(笑)

海外では、ヨガが当たり前のように日常に取り入れられ、癌患者などにも治療として行われています。当たり前のように日常でヨガを行う事で、少し立ち止まって自分と向き合う時間を取り入れる。幸福感が高まり、それが、平和にも繋がるとも思います。

今後も、生徒様と真摯に向き合いサポート頑張ります(^^♪

ヨガで健康的な毎日を過ごしましょう・・・・*

関連記事

  1. *NEW HP*

  2. ”寒暖差疲労”に注意*冬の服装に関して*

  3. *新年のご挨拶*

  4. 大宮スタジオに、ヨガ部屋が出来ました☆彡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。