ヨガの在り方・大切な事

ヨガを始める・行う上で大切な事は何でしょうか。

初めてクラスに来られた際はもちろん、続ける中でも必ずお伝えしている事があります。それは、『ご自分と向き合う』という事です。

たとえ周りに人がいても、ヨガは比べるものではありません。ご自分と対話する”貴重な時間”です。

通い始めの頃は、周りが気になりチラッと横の方を見てしまう方もいます。そんな経験をされた方も多いかと思います(笑)しかし皆さま、自然と周りを見る事なく、ご自分と向き合えるようになります。

この環境づくりは、私が最も大切にしている事の1つです。この意味を生徒様にも沢山お伝えしていき、皆さまが理解を深めて下さる事で、新しい生徒様がご参加された時も自然と周りを見る事なく集中できるようになります。

この『ヨガ=自分と向き合う』ことへの大切さついて、いつも皆さまに伝えていますが今一度、こちらにも残しておきたいと思います。


例えば、、いつもクラス前には、今の体調についてお聞きしています。

始めの頃は、『自分の身体が分からない・特にない』『この辺りが痛い・違和感あるけど何故だろう』という声をよく聞きます。

しかしクラスを定期的に通われていくと会話が変化していきます。

『数日前に、こんな事をしていて腰が痛くなった』『起きてから、いつもより背中が痛い』『こんな事があって、気持ちが沈みやすい』『先週ヨガをして、身体が楽になっている』『家でこんなストレッチを続けたら、少しずつ柔らかくなってきた』など。

身体・心、様々な気づきが増えていきます。

そして、少しずつご自分への理解が深まり、日頃からのケア方法が分かってきます。ヨガは、マットの上だけではなく日常そのものが、向き合い方1つでヨガになります。

ご自分との向き合い方は、少しずつ生徒様に合わせてお伝えしています。


そして、”無理をしないこと”も大切です。

柔らかくなりたくて頑張ってストレッチをした結果、怪我をしてしまったという声をよく聞きます。。。誤った頑張り方は、ご自分と向き合う事から外れていきます。ヨガではこれを、”自分への暴力”とも言います。

その時々の身体・心の声を聞く事がとても大切です。

無理をして身体を動かす事は、怪我になる可能性があります。心がざわつき集中出来ない中で無理する事も、怪我になる可能性があります。逆に、身体が重い時・心が沈んでる時にヨガをして、スッキリ元気になる事も多いです。

身体・心の声を聞く感覚は、繰り返し練習していくと掴めていきます。皆さまが、良い頑張り方ができ、ご自分と向き合えるよう私もサポート頑張ります(^^)

1日1日身体は変わり、心も変化します。その時々を前向きに歩めるように、丁寧にご自分との向き合い方を見つけていきましょう(*^^*)

関連記事

  1. 謹賀新年

  2. ヨガ・瞑想の嬉しい効果②免疫力の向上

  3. 東京2020パラリンピック銅メダリストの堀越選手が来院されま…

  4. 東京2020パラリンピック、マラソン代表の堀越信司(ほりこし…

  5. 呼吸=エネルギー

  6. ヨガ・瞑想の嬉しい効果①脳の老化抑制

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。