ヨガ・瞑想の嬉しい効果②免疫力の向上

前回に引き続き”ヨガ・瞑想の嬉しい効果”を通して、大切な事・私の想いをお伝えしていきます。

今回は《免疫力》に関してです。


ここ数年「免疫力」という言葉をTV・雑誌などでも耳にする事が多くなったかと思います。

そもそも”免疫”とは何か。

簡単に言えば、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細胞・ウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことです。

免疫力が低下すると、ウイルス・感染症などにかかりやすい・肌が荒れやすい・アレルギー症状・腸内環境の悪化・疲れやすいなど様々な症状があらわれます。

主に免疫力を高めるには、「腸内環境を整える」「体温(代謝)を高める」「自律神経を整える」

この3つが有効とされ、ヨガの穏やかな呼吸法と心身のリラックス効果は、免疫力を向上させる作用があると証明されています。では、この免疫力を高める3つのポイントを通してお話していきます♬


1つ目の「腸内環境を整える」。腸には免疫細胞の約6~7%割が存在すると言われているほど、免疫と深い繋がりがあります。ヨガの動きは、内臓器系などの体内にも良い働きをします。

クラス中もしくは、クラス直後にお手洗いに行きたくなった方もいるかと思います。これも、”体内”が動いた証拠です。

注意点は、想像以上に内臓器系の働きをよくする為、少しお腹が緩いなと感じている時に我慢をしながらヨガをしていると突然お手洗いに駆け込む、なんて事もありえます( ;∀;)それほど腸内環境を含む体内の働きを良くします。その時の調子をみながら行って下さい*

また、深呼吸でお腹・胸の動きを上下に動かせるようになると、上下運動により内臓(腸)がマッサージされ働きが良くなっていきます。今は、マスク生活により呼吸が浅くなりやすいです。浅い呼吸は、呼吸時に働く体の機能も低下しやすく、内臓の働きも低下していきます。出来れば1日1回、呼吸法をされると内臓(腸)が働きやすくなります♬

その他、腸内環境なので食事内容も大切です。これからの季節だと”水分補給”は欠かさず行い、水分とともに栄養の循環も良くすることも大切ですね*


2つ目の「体温(代謝)を高める」。よくクラスでも、代謝をあげていきましょうと声掛けをしています。これは、先ほどの”腸内環境を整える”にも繋がります。内臓(体内)を働かせる事で、内側から代謝が上がり、汗をかきやすくなったり、毒素を溜めず流せるようになります。

この内側から燃焼をするという事から、”ヨガ=ダイエットに良い”と言われることがあります。生徒さんの中でも、「ウエストが細くなった・脂肪で硬かった部分が柔らかくなった」など体感をされている方もいます。全ては、内側を働かせることで代謝が上がり、身体の血流循環が良くなった結果です(^^)

私の場合は、ヨガを始める前は、朝の目覚めが悪く布団から起きるまでに時間がかかっていました。それがヨガにより、基礎代謝が上がり朝の目覚めが良くなり、布団から心地よく起きられるようになったことを体感しています。

実際、「汗をかかない」という生徒さんも、継続的にヨガをすることで「代謝が上がりやすくなった」と体感されている方も多いです*

これから夏本場となり、”汗をかかされる”環境は身体への負担が大きいです。その前に、”自分で汗をかける”身体作りが必要になってきます*


3つ目「自律神経を整える」。ストレスと繋がりが深い自律神経。

精神的なストレスだけでなく、季節の変わり目など環境による外界からのストレスも知らず知らずに受けています。ほとんどの方が、気が付いた時に身体に症状として現れ、そこで始めてストレスを受けていると認識する方が多いです。先ほどの”汗をかかされる”のも、その1つです。

自律神経は、交感神経・副交感神経のバランスで成り立つと聞いた事はあるかと思います。

この2つのスイッチをうまくコントロール出来れば、仕事や趣味へのパフォーマンスは向上し、休みたい時にはリラックス力が上がり疲れが取れすくなります。

ヨガでは、呼吸法の中で特に”吐く”ことを意識していきます。この吐く時に、副交感神経は働き、筋肉もリラックスモードとなり柔軟性が上がりやすくなります。結果、このスイッチが上手にできることは、怪我予防・血圧安定・柔軟性向上などに繋がっていきます。

また、多くの方が、調子が悪い時は良くない思考で陰に引っ張られやすくなります。逆に、調子が良い時は明るい思考で陽が充満し、行動力も上がりやすいです。そんな体感がある方も多いかと思います。

しかし、どんな時も自律神経を整えることが出来れば、この波は少しずつ小さくなり、常に安定を得ることができます*

常にご自分と向き合いコントロールが出来てくると、心身のバランスが良くないときに”悪い思考に引っ張られない”、”俯瞰的にみて、切り替える”ことが出来てきます。
自律神経は深いですが、このコントロールこそがご自分と向き合うヨガの醍醐味でもあると思います。


今回は、免疫力を高めるための3つのポイント「腸内環境を整える」「代謝を上げる」「自律神経を整える」を通してお話していきました。

ヨガの効果は、まだまだ奥深いです。

ちなみに、、、動くだけがヨガではありません。

1日1日丁寧にご自分と向き合う、そのものがヨガです。

日常でも是非ヨガを取り入れてみてください*

関連記事

  1. 謹賀新年

  2. ヨガの在り方・大切な事

  3. 比べることはなく、”今のご自分と向き合う”のがヨガです*

  4. 東京2020パラリンピック銅メダリストの堀越選手が来院されま…

  5. 東京2020パラリンピック、マラソン代表の堀越信司(ほりこし…

  6. ヨガ・瞑想の嬉しい効果①脳の老化抑制

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。