”寒暖差疲労”に注意*冬の服装に関して*

こんにちは(*^^)11月末になり、少しずつ気温も下がってきましたね*

日中と朝晩の気温差も大きく、この時期に気を付ける事は”寒暖差疲労”ではないでしょうか。5度以上の温度差により、自律神経の機能が乱れてしまう症状です。近年では、気温が不安定になりやすい為、日頃からのケアが健康に過ごすために必須です*

肌寒くなってきた時期のクラスでは、特に 暖房や換気など、その都度室内の調整をしています😊 

 クラス中には身体がポカポカと温まり、汗をかく方もいらっしゃいますが、クラス後半のシャヴァーサナ(=仰向けに寝てリラックスするポーズ) の際に、体温がゆっくり下がっていきます . 室内の調整もしていますが、 上着などで、冷えないように ご自身でも調整をお願いします(^^)

※大宮スタジオは、ブランケットのご用意があります(^^)

 寒い時期の身体は、血管を収縮させ筋肉を硬くすることで体温を下げ調整をします。その分、汗をかきずらくなるため、毒素を溜めないよう適度の運動が大切です☆

一緒に身体ケアしていきましょう〜😊♡

↓クラス風景(向日市スタジオ)

関連記事

  1. *NEW HP*

  2. ヨガは”メンテナンス・治療”

  3. *新年のご挨拶*

  4. 大宮スタジオに、ヨガ部屋が出来ました☆彡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。